相続・遺言のことなら、司法書士が運営する相続相談窓口大阪へ

〒543-0072  大阪市天王寺区生玉前町3番25号

お電話でのお問合せはこちら
06-6770-5769
受付時間
9:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

相 続 放 棄

相続したくない人は必見です。

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

何らかの事情があって遺産を相続したくない、と考えたとき、他の相続人や親族に「遺産は放棄します」と伝えてもそれだけでは正式に放棄したことにはなりません。

正式に遺産を放棄するには、家庭裁判所において相続放棄の手続きをしなければならないのです。

これには、原則として自分が相続人であることを知った時から3か月以内という期間制限があり、また遺産の一部でも処分していたりすると相続放棄ができなくなるおそれもあるのです。

借金があると聞いて遺産を放棄する気持ちがあっても、家庭裁判所へ相続放棄の申述をしないと相続放棄が認められず相続を承認したことになって借金を引き継いでしまいます。

相続したくない、とお考えなら必ず相続放棄の手続きをしましょう。

相続無料相談・お問合せをご利用ください!

06-6770-5769

受付時間:9:00~19:00

定休日:土曜・日曜・祝日

相続放棄ができるかどうかポイントは2つ

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

1.期間制限

相続放棄は原則として3か月以内

相続放棄をするために与えられた猶予期間は、自分が相続人になったことを知った時から3か月です。この間に相続放棄の申立書を提出すればよいことになります。

この3か月の期間のことを熟慮期間といいます。

もし、借金がどれだけあるかわからないので調べる時間が欲しいというのであれば、家庭裁判所に熟慮期間を延ばしてもらうことができます。

なお、3か月経過してから借金があることが判明した場合は、借金に気付いたとき又は普通に注意していれば借金に気づいたはずといえる時点から熟慮期間開始となります。

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

2.遺産の処分

相続を承認したとみなされる

遺産の全部または一部を処分した場合、相続人として相続を承認したものとみなされて相続放棄ができなくなる場合があります。

重要なのは、何が「処分」に該当するか、ということです。以下に例を挙げます。

  • 銀行預貯金の解約…解約しただけなら問題ありません。使わずに保管しておきましょう。
  • 葬式費用の支払い…常識の範囲であれば、処分とはみなされず相続放棄は可能とされています。
  • 被相続人の入院費…相続放棄するならそもそも支払う義務はありません。しかし、入院費の支払いは「処分」に当たらないとされているので支払っても問題ありません。
  • 家賃の支払い…支払わないことが大事です。また、被相続人名義で借りていた賃貸住宅に同居していた場合は速やかに退去しなくてはなりません。ちなみに、保証人になっている場合は、相続放棄をしても保証人として家賃その他の債務を支払う義務を負います。賃貸契約自体の解約はケースバイケースといえるので何もしないほうが無難です。
  • 生命保険金の受取…生命保険金を受け取っても相続放棄できます。
  • 年金の受取…遺族として未支給年金を受け取っても相続放棄できます。また、遺族年金を受け取ることもできます。

相続無料相談・お問合せをご利用ください!

06-6770-5769

受付時間:9:00~19:00

定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お問い合わせはお気軽に

06-6770-5769

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表者プロフィール

代表司法書士・行政書士
渡邊大輔
資格

平成21年司法書士試験合格
平成19年行政書士試験合格

その他の主な保有資格

宅地建物取扱主任士、競売不動産取扱主任者、AFP・2級FP技能士

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

相続相談窓口大阪(運営:渡邊司法書士行政書士事務所)

お電話でのお問合せはこちら

06-6770-5769
住所

〒543-0072
大阪市天王寺区生玉前町3-25-603